ダイエット薬

ダイエット薬は何のためにある?

ダイエット薬の代表的なものといえば、食欲を抑制する食欲抑制剤「サノレックス」と、脂肪の吸収を抑制する肥満治療薬「ゼニカル」の二つです。

「サノレックス」は、厚生労働省が認可している薬で、マジンドールという成分が中心となっています。
この成分の働きは、食欲を調整する中枢などに作用することで食欲が強くなるのを抑えること。その働きによって、無駄なストレスも食事制限もする必要がなく、リバウンドといった事態を避ける事もできるのです。
また、新陳代謝が向上する作用もあるので、まさにダイエットにとっては一石二鳥な働きです。

とはいえ、飲めば痩せるというわけではないので、きちんとした食事計画と、有酸素運動のチョイスが求められます。
服用するタイミングなどについても、医師のアドバイスにそっておこないます。

ただし、メリットもあればデメリットもあるもの。
サノレックスは、肥満度が70%以上、もしくはBMI値が35以上といった高度肥満症の方に対して使う薬となっています。
ずっと服用できるものでもなく、その使用期間は3カ月までと決められているのです。

化学的に作られた薬ですから、他の薬同様、副作用の危険性というのは十分にあります。
依存症や睡眠障害、抑うつ、精神障害、不安、嘔吐、吐き気など…いくつかの症状がみられることがあるようです。

そして、もう一つのダイエット薬「ゼニカル」。
日本ではまだ認可を受けていない薬ですが、アメリカの食品医薬品局(FDA)の認可は受けていますので、その安全性はしっかりとしているといってもいいでしょう。
そういったことからも、日本の病院でも処方しているようです。

ゼニカルはサノレックスのように食欲を抑える事はしませんが、脂肪が吸収されるのを防ぐ働きがあります。
カロリーカットができるので、極端な食事制限をしなくてもOK。リバウンドもしにくいものとなっています。

でも、脂肪分が少ない食事をしている人には不向き。
すでについてしまっている脂肪を溶かしてくれるわけではなく、体内に入ってきた食品の中にある脂肪を溶かしてくれるのです。
また、ゼニカルを飲んだから痩せるといったことはなく、食事内容の見直しや運動も必要です。

デメリットとしては、他の必要な栄養分も一緒に排出してしまうことでしょうか。
特にβカロチンやビタミンEなどの脂溶性のビタミンは不足させてしまうこともあるのですから、注意が必要です。

他にも、病院によってさまざまな薬が処方されています。漢方薬やサプリメントを提案されることもあるようです。

こうした薬は、ダイエットをサポートする薬として使うのが効果的。
使用する際には、ダイエット薬だけではやせられないことをくれぐれも念頭に置いておくようにしましょう。

カテゴリ一覧

no image

ダイエット薬

ダイエット薬の種類

2017/02/28   -ダイエット薬

ダイエット薬の種類 病院でのダイエットの中にはダイエット薬を使用したダイエットもあります。 薬の価格と詳細、注意点などをご紹介します。 ダイエット薬の種類と価格は? ゼニカル ゼニカルは脂肪吸収抑制剤 ...

Copyright© ダイエット病院ランキング , 2017 AllRights Reserved.